日本大学 理工学部 応用情報工学科 ・ 短期大学部(船橋校舎)ものづくり・サイエンス総合学科

274-8501 千葉県船橋市習志野台7-24-1, 211号室(2号館1)

Tel:047-469-5357 Fax:047-469-5657

 

Department of computer engineering, Science and Technology,

and Department of science and manufacturing technology, Junior College,

  Nihon University

NIHON University, Room Number 211 (Ground floor in building Nr.2), 7-24-1 Narashino-dai, Funabashi-shi, Chiba 274-8501,  JAPAN

Tel:+81 47 469 5357, Fax:+81 47 467 5657

 

香取研究室

KATORI Laboratory

 

 

 

 

20100524  p09  p02  P7090007

 

 

人間の知的な情報処理をコンピュータで行えるようにするために、

To realize intelligent processing by computer,

情報科学やシステム工学を鉄道輸送や道路交通分野に適用し、これらの最適化に関する研究をしています。

We are studying about computer science or system engineering to realize more convenient railway or road traffic system.

ソフトウェアシステム構築の理論と基礎が身につきます。

You can learn basic theory and how to construct of simple software simulation system, and experiment the know-how.

 

 

 

 

 

 

 

新着情報

みなさまへのおしらせ

Was ist neu ??

Information

5/Dec/2017 進路、活動写真館を更新しました。

6/Nov/2017 みなさまへのおしらせ、活動写真館を更新しました。

3/Oct/2017  みなさまへのおしらせ、研究室スタッフを更新しました。

11/Sep/2017 みなさまへのおしらせ、研究成果、活動写真館を更新しました。

8/Aug/2017 みなさまへのおしらせ、活動写真館を更新しました。

26/Jul/2017 研究室メルマガ2017夏の号を送信しました。

26/Jul/2017  みなさまへのおしらせ、活動写真館を更新しました。

20/Apr/2017 新年度版に更新しました。

・12月1日(金)、理工学部学術講演会で講演しました。

・11月3日(金)4日(土)、学祭で研究室を公開しました。多くの方にお越しいただき、ありがとうございました。

・応用情報3年ゼミ生、短大ものづくり・サイエンス総合学科2年卒研生が配属になりました。

・香取研究室は2号館1Fに移転しました。

Rail Lille 2017 で講演しました。

 

主な研究内容

ゼミナール・卒業研究

Main research themes

Seminar und Graduation research

情報システム(鉄道・道路交通)での情報処理技術に関する研究

Information processing technology for information system

 (railway or road traffic system)

 

「情報の研究」というとコンピュータのことだとは思うでしょうが、コンピュータの何をどうしているのか、は理解しにくいかもしれません。

研究室では、人間では扱いきれないほどのたくさんのデータをコンピュータに与え、その中から最適な組み合わせを選び出すことや、人間のしている複雑な判断をコンピュータができるようにする研究をしています。

具体的な適用例はさまざまな分野(主に鉄道や道路交通)ですが、それらがなぜ情報工学の研究なのか、を見失わないように研究しています。

 

組み合わせ最適化による列車運行効率化

Combinatorial problem for train operation

・運転整理案の自動作成

  Train timetable rescheduling automatic generation

・消費電力低減のための列車群制御

Trains operation to save power consumption

・列車ダイヤの評価

Trains diagram evaluation

 

鉄道分野の研究は、「データ構造とアルゴリズム」の動的計画法の回に勉強したように、ゴールまでの行き方(状態遷移)がたくさんある中から、最適なものを選ぶ、という性質のものを扱っています。

たくさんの解から最適なものを選ぶタイプの問題を「組み合わせ最適化」と呼びます。問題を解ける形にモデル化することが最大の焦点です。

 

画像処理技術の人の行動分析への応用

Image processing and recognition for men behavior analysis

・画像認識によるドア前徘徊行動の検出

To distinguish abnormal action by image recognition

 

画像分野の研究は、人間が目で見て判断していることをコンピュータにできるようにする、いわゆる「マシンビジョン」の研究と言えます。

結果が目に見えるために、わかりやすいかもしれませんが、教科書にあるような処理でできることはたかが知れており、その程度であれば市販の画像処理ツールに任せておけばよいのです。

本当に必要な情報や結果を得るためには、画像中での対象物の性質を的確に捉えてモデル化する必要があります。

現実を撮影した画像をさらに別の次元に変換することも必要になり、それはもはや目で見ても意味がわからないものかもしれません。

 

動的最適配置の道路交通への応用

Application of dynamic distribution problem for road traffic network

・駐車場案内システムでの最適誘導

Optimization for parking guidance system

・認知地図情報の生成と利用

Generation and applying of cognitive map

 

道路交通の分野の研究をすべて「ITSだ」と言うのは簡単かもしれませんが、あえてITSと呼ばずに道路交通分野と呼ぶことにします。

ドライバーたる人間の判断は、どんな道路網の状況を入力したらどのような進路を選択(出力)するのか、というモデルと見なすことができます。

研究室でのこの分野の研究は、主にこのような人間のしている複雑な判断をコンピュータができるようにしています。

「人工知能」と思う人もいるかもしれませんが、これもあえてそうは呼ばないことにします。

※ソフトウェアシステム構築の理論と基礎が身につきます。

 

ゼミナール(応用情報工学科3年)

行うこと

・「アルゴリズムの基礎」の勉強会(別の曜日に。授業より広く深い内容を、各自に先生役をしてもらって進める。短期大学部卒業研究と合同で行う)

・C言語プログラミング実習(大学院生・4年生と、より研究内容に近い題材を扱う)(つまり週2コマ)

・学術講演会、学祭、4年生の発表会の聴講、参加

・懇親会 ほか

評価のポイント

出席状況

「アルゴリズムの基礎」の勉強会での取り組み態度

C言語の実習を通しての理解度、ほか

来てほしい人

・あいさつの出来る人

・提出物を期日に出せる人、時間を守れる人

・明るく元気な人、協調性と責任感のある人、自己管理の出来る人

・コンピュータを良くしていくことを通じて、世の中を良くしていきたい人

・「データ構造とアルゴリズム及び演習」の内容が楽しかった人、プログラミングとか好きな人

・研究室で行っている研究の分野に興味のある人(あたりまえです)

・意欲があれば、成績が悪くてもコンピュータが使えなくても構わない。

・旅行好きな人、5年生でも国際会議に出てみたい人

・熱心にやってくれる人なら誰でも。

・こうした内容にご理解いただける方

やめた方がいい人

・あいさつが苦手な人

・遅刻や欠席が多い人

・時間を守れない、提出物を出せない人

・協調性も責任感もない人

・依存心が強い人

 

卒業研究(応用情報工学科4年)

主な研究内容の項で紹介したテーマを、分担して行う。

研究室での 常時の研究、随時の打合せ、定期的な発表会 により進めていく。

 

 

短期大学部 ゼミナール、卒業研究の具体的内容

発展ゼミナールシラバス(香取)(短大2年前期)

卒業研究シラバス(香取)(短大2年後期)

 

発展ゼミナール(短期大学部2年前期)

行うこと 編入対策指導

文章執筆(実験レポート、小論文)、プログラミング、回路工作、ほか

 

卒業研究(短期大学部2年後期)

行うこと

「アルゴリズムの基本」の勉強会

C言語プログラミング実習(大学院生と)

C言語でのソフトウェアシステムの設計と構築

構築したシステムについての論文(レポート)執筆

構築したシステムについてのプレゼンテーション

学術講演会、学祭、4年生の発表会の聴講、参加

懇親会 ほか

評価のポイント

出席状況

「アルゴリズムの基本」の勉強会での取り組み態度

発表会、システム構築の成果、ほか

 

行事(暦により多少前後します)

進路(過去9年分)

Events calendar

Activity working in society by graduated students

4月    新年度。第1回中間発表。新年度懇親会。

5月

6月    第2回中間発表

7月    大学院入試。3年生向け研究室説明会。施設見学会。

8月    オープンキャンパス(研究室公開)。

第3回中間発表。暑気払い。学会大会。

9月    大学院入試。施設見学会。

夏期合宿にて第4回中間発表。

9月卒業式。

10月   学部ゼミ生ならびに短大卒研生配属。

ゼミ生・卒研生歓迎会。研究室対抗○○大会

11月   学祭(研究室公開)。研究室同窓会(不定期)。

第5回中間発表。学内学術講演会。

12月   第6回中間発表。忘年会。

1月    卒業論文提出締め切り

2月    卒業研究発表会。打ち上げ。

3年生研究希望調査。修士論文審査会。

3月    春期勉強会。学会大会。

学位記伝達式。追いコン

※研究打合せは随時。

 

平成29年度活動写真館  Album ver.2017

平成28年度活動写真館  Album ver.2016

平成27年度活動写真館  Album ver.2015

 

 

(株)NTTデータビジネスシステムズ、(株)アストロン、富士ソフト(株)、(株)関電工、日本大学大学院、東京コンピュータサービス(株)。

(株)NTTデータ、(株)コア、(株)エクサ、アドソル日進(株)、日本大学大学院、日通システム(株)。

(株)関電工、コムソフト(株)、(有)Tomorrow、日本大学大学院、(株)トスコ、(株)アイビーリーフ、(株)オプサス。

日本電子計算(株)、ダイナテック(株)、(株)キューブシステム、(株)オプサス、(株)日本プロテック、千代田区役所、スターツアメニティ(株)、(株)ネットサポート、東亜工業(株)。

NECネッツエスアイ(株)、ウチダエスコ(株)、(株)DTS、(株)アルファシステムズ。

(株)無限、JA秋田おばこ、アルファコンピュータ(株)、日本大学大学院、(株)DTS。

Internet Initiative Japan, NECフィールディング()()アスカプランニング、日本大学大学院、()NSD、電気通信大学大学院、大野市役所。

()DTS、ビップシステムズ()、日本大学大学院。

()日立メディコ、関東管区警察局、GMOインターネット()、ネットワンシステムズ()、日本大学大学院。

 

OB会

Fuehrung OB Party

 

香取研究室では、研究室卒業生のみなさんに毎年夏と冬にメールマガジンを配信しています。

メールアドレス等の連絡先変更は、研究室にもご一報いただければ幸いです。

 

※住所、電話番号、メールアドレス等、連絡先の変更は、速やかに研究室までご連絡ください。

 

研究成果

研究室スタッフ

リンク

Research activities

Staffs

Links to

研究成果のページへ

研究室メンバーのページへ

応用情報工学科

ものづくり・サイエンス総合学科